アメリカで大ブーム!マックやスタバの裏メニューとは? by 留学広報部

このページが気に入ったら→ 

留学広報部 第8回目!

みなさん、こんにちは!【活きた留学情報】をお届けする留学広報部のマーボーです!

さて、僕の週替わりイラストで一目瞭然なのですが、「冷やし中華はじめました・・・」

※僕のイラストは毎回イラストレーターN川さんの気分(?)によって変化します。詳しい事情はコチラから⇒ 留学広報部 第一回

というのも、今回のブログを作成しているとき、、、

N川「ん、これ今週のイラスト」

マーボー「あ、ありがとうございます!・・・っていうか、まだネタすら決まってないんですけど。」

マーボー「あれ!?(゚Д゚;)僕の麻婆豆腐が冷やし中華になってません!?!?!」

N川「まぁ、夏だからな。」

マーボー「・・・いや、でも・・・」

N川「近所の中華屋でもはじまってるしな。」

マーボー「・・・あれ、そうなんですか?見たことないですけどね。」

N川「あぁ、冷やし中華はあの店の裏メニューなんだ。」

マーボー「裏メニュー??(´・ω・`)」

N川「メニューには載ってないけど、注文すると作ってくれる特別なメニューってことだな。」

マーボー「・・・な、なるほどですね。そんなのがあるんですか(゚∀゚)」

N川「常連さんとかの知ってるやつだけが、楽しめるって感じかな。ちなみにアメリカにはそういうの無いのか?」

・・・・ということで、しっかり調べてみたところ・・・|д゚)

ありました!アメリカの裏メニュー。それでは早速ご紹介していきます!

アメリカで大ブーム!マックやスタバの裏メニューとは?

アメリカでは、レストランやコーヒーショップで注文をするとき、自分の好みの味になるよう要望を伝えることは一般的です。カプチーノを注文するにしても「カフェイン抜きコーヒーにファットフリーミルク(無脂肪乳)で泡は少なめ、アーモンドフレーバーを少々」といったリクエストも当たり前。

そんな客さんの個性的な注文に応じていくうちに、お店のメニューに載っていない裏メニューなるものが自然発生しました。今、それが学生を中心に「シークレットメニュー」として密かな人気を呼んでおり、人気商品はネット上の口コミで広がりをみせています。

スタバの人気の秘密は裏メニューにあり!?


Photo:poolie

一番シークレットメニューが充実したフードチェーンといえば、スターバックスです。 日本でも自分好みにカスタマイズ注文しやすい店として知られています。ところが、アメリカのスターバックスはさらにその上を行っており、裏メニューの数はなんと200以上。なかでも、若い人に人気なのはフラペチーノです。

比較的シンプルなものは「バナナナッツフラペチーノ」。ヘーゼルナッツフラペチーノにバナナ1本をシェイクしています。「キャラメルナッツチョコレートバーフラペチーノ」は、チョコチップとナッツシロップを混ぜたフラペチーノに、甘いキャラメルシロップをかけたドリンクです。

身体に優しいドリンクなら、風邪をひいた人のための「コールドバスター」があります。ホットのシトラスミントティーをレモネードで割り、蜂蜜を足したものです。


Photo:starbuckssecretmenu.net

こうした数えきれないほどのメニューを紹介するファンサイト「スターバックス・シークレットメニュー」まで立ち上がり、サイト上で写真の投稿や情報交換が行われています。

現在、スターバックスが他のチェーンに比べ、売り上げの伸びをキープしているのは、こうした裏メニュー効果があるためでは、とまでいわれています。

1000kcal超えの仰天ハンバーガー

マクドナルドには、アメリカならではのボリューム満点のシークレットメニューが存在します。「Land Sea and Air Burger」と名付けられたそのバーガーは、ビッグマックにフィレオフィッシュとチキンマックナゲットを挟んだ一品で、推定1,140キロカロリー。


Photo:secretmenusource.com

成人の一日の必要摂取カロリーは1,800〜2,200キロカロリーといわれているので、このバーガーで一日の半分以上のカロリーが満たされることになります。

それに負けじと、ケンタッキーフライドチキンは「トリプル・ダウン」という商品を用意。これは、パンの代用として3つのフライドチキンを使い、その間にベーコンとチーズを挟み込んでいます。


Photo:hackthemenu.com

さすがにアメリカでもこの2つの商品は人気というより、一度ぐらいは挑戦してみたいメニューとして噂されているようです。

シークレットメニューでマーケティング

こうしたブームが学生を中心に広まった大きな要因として、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークで商品が拡散していったことが挙げられます。裏メニューのオーダーは、その存在を知らない新人店員がいたり、忙しい店では疎まれる可能性もあり、いつも成功するとは限りません。

「オーダーが成功するのか?」というちょっとした緊張感と、成功した際についだれかに自慢したくなってしまう高揚感が、ネットを通じてシェアされ続けているのです。

最近、フードビジネス業界では、このブームをマーケティングにつなげようとする動きがあります。あるベーカリーカフェのチェーンは、限られた常連客にだけEメールでシークレットメニューを公開し、それがどの程度口コミで広がるのか調査をしています。

人気を集めれば、本メニューとして昇格させるという仕組みだそうです。

留学した際には、ぜひオーダーしてみよう!

アメリカ人でさえ緊張するシークレットメニューのオーダーは、日本人にとってハードルが高いと思われるかもしれません。しかし、自分の好みを伝えてカスタマイズすることは、どの店でもアメリカでは一般的に行われています。

希望のシークレットメニューがないと断られても、自分の好みの味になるようにリクエストしてみれば、対応してくれるかもしれません。

スターバックスやマクドナルドだけでなく、メキシコ料理やサンドイッチのチェーン店など、さまざまなレストランやカフェで裏メニューが存在しています。ネットで事前に下調べをして、アメリカを訪れた際に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただ、ファストフードの食べ過ぎは、健康によくないのでくれぐれもご注意を!

ライター:マーボー
※いいねやシェアで超喜びます!

第9回へ・・・つづけ!

 

つづいた!!!
留学広報部 第9回 【留学するなら一度は訪れるべき】メジャーリーグで盛り上がる街トップ5 by 留学広報部

過去記事



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求