国連を辞め、アイビーリーグ大で医学を学び、アフリカに渡った青柳有紀さん

このページが気に入ったら→ 

こんにちは、ITチームのマキです。

つい先日、ダートマス大学医科大学院教員として、アフリカのルワンダ共和国で現地の医師および医学生の臨床教育・技術指導にあたっている、青柳 有紀(あおやぎ ゆうき)さんのお話を聞いてきました。

先の読めない波乱万丈な国際人としてのお話がとても面白かったので、そのお話を簡単に書かせていただきます。

青柳さんは、千葉県生まれ、慶應義塾大学、NYU大学院を経て、ユネスコに就職。それまでとても順調に国際公務員のキャリアを積み上げてきました。
その際、開発コミュニケーションの専門家としてアフリカのナミビア共和国に派遣され、HIV予防のプロジェクトに携わったそうですが、当時ナミビアでは成人の約20%がHIVに感染。現地で働き、暮らしているうちに友達ができてきて、なのに人口の1/5がこの病気に感染してしまい、有効な治療薬がないという状況に、青柳さんは非常に大きなショックを受けたそうです。

その後本部のあるパリに呼び戻され、当時の上司や周囲からも将来を楽しみにされていたそうですが、そのことがずっと頭を離れず、ある時思い切って上司に相談したそうです。

 期待してもらっているのに申し訳ないけれど、自分は医者を目指したい。
 少しでもアフリカの人たちの力になりたい。

当時の上司は、残念だと思いながらもそれが彼の意思ならばと、快く送り出してくれたそうです。(今でもその上司の方との交流は家族ぐるみで長く続いているとか)

そこからは猛勉強。
帰国して群馬大学医学部医学科に学士編入学して4年ほどで日本国医師免許およびECFMG(米国臨床資格)を取得。いくつかの病院で働いた後、ダートマス大学教育病院にて感染症科フェローおよび予防医学科レジテントを経て、大学公衆衛生学修士課程を修了。アメリカのアイビーリーグを含む複数の大学が合同で行っている現地の医師および医学生の臨床教育・技術指導プロジェクトの一員として、家族と共にアフリカのルワンダに渡ったそうです。

 

今は、大きく高価な医療器具などほとんどない現地で、日本人もアメリカ人もルワンダ人も一緒になって、ひとつひとつ工夫をしながら、少しずつ病院をよくしているところだとか。

ルワンダは、アフリカ中部の一国で土地の面積は四国の1.5倍、そこに1000万以上の人が暮らす、アフリカで一番人口密度の高い国。映画『ルワンダの涙』や『ホテル・ルワンダ』でご存知の方もいるかもしれませんが、20年前に国内で民族間の大虐殺が起き、その爪あとがまだ残る国でもあります。しかし、それから20周年を記念して国中の村でみんなで1週間の話合いをしたり、なんと学校の教科書で戦後の日本の「奇跡の復活」を学んだり、これからきちんと前を向いて一緒に生きていこうとしているのだそうです。

(ちなみに日本の復興を教科書にしていると聞いてびっくりしましたが、ルワンダ人はとても真面目で、時間も基本的には守るし、人の話をよく聞き、忠実に守ろうとするなど日本人と似ている部分が多いとか。また、ちょっと嫌なことがあっても「別にいいよ、大丈夫だよ」と、自分の気持ちより周りを大事にしてしまうなど、共感できる部分が多いようです。)

また、当時何もしなかったことを責められていた当時のアメリカの大統領クリントン氏は、その後財団をつくり、今こうしてアメリカの大学から人を送る母体になっている。外国人もどんどん育てて医者にし、海外でも通用する免許を与え、どんどん世界に出て行く。アメリカの教育はすごいと青柳さんがおっしゃっていましたが、人種のるつぼのアメリカは、そうした国際教育に関して、本当に強いと思います。

現地で色々な人種と一緒に働いていて、ルワンダ人とアメリカ人と日本人の自分の違いは何かと言うことをよく考えるそうですが、結局たどりつくのは、

「人種が違っても、ひとりひとりの人は何も変わらない。」

「自分は運が良かった。もし自分がルワンダに生まれていたら、こんな恵まれた状況にいられなかった。だからこそ、それを社会に還元しないといけない。」

ということなんだそうです。

 

青柳さん、謙虚でいながら、自分で決めたことをどんどん実行していく静かな情熱を持った立派な方でした。

今後とも、彼とご家族のご活躍を影ながら祈っております。

青柳さん、どうもありがとうございました。

 


以下に、青柳さんの経歴やブログ、医療についてのご意見など、医療関連の留学を目指す方たちに役立ちそうなものをいくつか挙げさせていただきます。

「米国臨床留学フォーラム」
http://www.usrinsho.com/cn57/cn52/pg427.html

在米日本人医療従事者による情報発信サイト「あめいろぐ」
http://ameilog.com/yukiaoyagi/

Japan In-Depth 青柳有紀
http://japan-indepth.jp/?cat=30



留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求