大学留学相談:ハーバード大学について

ハーバード(名門大学)に行くには?

世界のトップ校といわれるハーバード大学に入るためには、厳しい書類審査に通らなければなりません。ハーバードでは人より飛び抜けた才能を持った、本物の優秀な学生が求められています。

2013年度の統計によると全出願者35,023人のうち2,047人しか合格していません。そのうち実際に入学したのは1,659人です。また、ハーバード大学・大学院に在籍する日本人は88人で、そのうち大学に在学している人たったの13人です。

ハーバード大学が求めている学生は全ての分野に秀でている人、特定の分野に天才的な人、人並みならぬ経験をしている人などです。学業成果はもちろんのこと情熱、クリエイティビティ、強烈な個性も求められます。

アメリカの名門大学には全米のみならず世界中から願書が寄せられます。留学生は「多様性に寄与する」という意味では歓迎されますが、数多くの出願者との競争の中で、志望する大学に「ぜひ入学させたい」と認められるのはなかなか大変なことです。

何が何でも名門大学へというのは、アメリカの学生たちは考えません。アメリカの大学は入学よりも卒業が難しいため自分のレベルに合っていない大学に入っても退学になっては意味がないですし、自分の能力に適した大学で力を発揮することのほうがアメリカでは重要だと考えられているからです。もちろん能力のある人がハーバードに挑戦することは素晴らしいことです。

栄陽子留学研究所では「名門大学」への留学を希望する方には、その可能性も含めて十分な検討を行いサポートします。まず留学相談でご自分の希望をお話ください。

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。