大学留学相談:英語について

英語はどのくらいできればいいの?

中学3年間で学ぶ英語が理解できていれば、日常生活で困ることはありません。入学後は授業を受けていくことで否が応でも英語が「身につく」ようになります。

中学校で学ぶ英語は、英語の基礎です。その基礎をしっかり身につけるためには、だまされたと思って中学の英語教科書を繰り返し声を出して読み、ノートに何度も書いて暗唱できるくらいまでやってみましょう。この基礎ができていれば、アメリカの大学での授業にもついていけるようになります。

なぜなら留学した後は、英語は「学ぶ」のではなく「使う」ことで、体で覚えるようになるからです。授業で問われるのは英語力そのものではなくて、授業内容についての自分の考えかたや意見です。英語があまり得意でなくても、やる気が評価の対象になります。

そして授業を理解するためには、英語力よりも、その科目の内容についての知識を身につけておく必要があります。たとえば、経済の授業なら前もって経済学の知識を身につけておくのです。つまり予習がとても大事になります。しかも、留学前に必要な知識を事前に学んでおけばたいへん有利です。そして授業の前にきちんと予習をすること。そうすれば、英語が苦手という人でも、十分にアメリカの大学の授業についていくことができます。

栄陽子留学研究所のアメリカ大学進学プログラムでは、留学前に英語に慣れるために、インターネットで公開されている英語での講義を、レベルに合わせて受講するよう指導しています。また、自分の行く予定の大学の授業を前もって調べ、その授業の予習を「日本語」で学ぶ指導も行い、渡米後に授業についていけなくなることのないように万全の対策を行っています。

» 留学に必要な英語力について

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-6367-0205
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。