スポーツ留学

アスレティックディレクター

アスレティックディレクターは、アメリカの大学スポーツにおいて、選手、監督・コーチ、トレーナー、用器具スペシャリストなどを統括しているアスレティック・デパートメントの総責任者です。

わかりやすくたとえれば、会社の社長のような立場です。アスレティックディレクターになるには大学でスポーツ・マネジメントを勉強しなければなりません。アスレティックディレクター以外にも、スポーツイベントの企画やプロスポーツの運営などにもかかわっている人がたくさんいます。

アスレティックディレクターをはじめとするスポーツマネジメントを勉強して現場に出る人も、成功するためにはスポーツの監督やコーチと同様に、いろいろな苦労はあるかもしれません。

しかし、大学・大学院でスポーツマネジメントを勉強してアスレティックデパートメントに就職すれば予算編成や試合のスケジューリング、また、スポンサー募集など大きくお金の動く場所で働くことが可能です。広告代理店や企画関係の会社に入れば、誰もが知っているオリンピックやワールドカップなど国際イベントの仕掛け人になることも夢ではありません。いずれにしてもスポーツマネジメントがこれからの分野であることに間違いはありません。


◆おすすめの関連書籍◆

スポーツ留学 in USA(第2版)

三修社 2002/8 2,300円+税
ISBN:4-384-01975-0

「スポーツ留学」で学ぶ分野として、アスレティック・トレーナー、監督、コーチ、用器具スペシャリスト、アスレティック・ディレクターを挙げ、それぞれをスポーツ大国アメリカで学ぶ意義と実際について、留学の基礎知識やノウハウと併せて詳説。スポーツ関連プログラムをもつ大学データも併録。


ページの先頭へ

-->